私について

道下理恵子

私はバード&バード北京オフィスの知的財産グループのパートナーです。特許、著作権、商標、ブランド戦略、企業秘密、中国での不公正な競争など、幅広い知的財産の問題についてアドバイスを提供しています。日本企業を含むグローバル企業や中国企業に対し、特許関連の戦略、交渉、侵害、無効化を含む、特許関連のフルサービス、特に中国の国営企業を相手とする知財案件に対する、日本企業を含むグローバル企業へのアドバイス、および知財関連の契約とデューデリジェンスレポートの起草とレビューなどを数多く行っています。また、知財に関する争議・非争議案件の双方について、日本語、中国語、英語で法律上のアドバイスを提供します。知財紛争の経験が豊富で、弊所の中国の偽造防止問題を主導し、弊所アジア太平洋地域の知財チームや専門家たちと連携してクライアントのサポートに取り組んでいます。
1994年に北京の語学学校に入学したのち、中国法を学ぶ留学生の草分け的存在として、1996年に中国人民大学の学部課程に入学し、卒業後は北京で大手日系法律事務所に勤務した後、同所の上海オフィス新設に携わりました。その後、著名な法律事務所の知財グループに入り、香港と上海にて5年間経験を積み、バード&バードに入所しました。
クライアントからは、私の過去20年以上にわたって構築された中国本土の法律業界、ビジネス文化、および運営に関する深い洞察に対して、高い評価を頂いています。これらの経験が、クライアントにとって障害となる、言語、文化、またはビジネス慣行に関する潜在的なギャップを埋めることができます。国際的な知財弁護士として、化学、ゲーム、出版、小売、テクノロジー、エレクトロニクス、エンジニアリングをカバーする複数の業界のグローバルクライアント向けの知財ポートフォリオを管理し、ここでも高い評価を得ています。

TwoBirdsSite.Coveo.LatestInsights.Title

TwoBirdsSite.Coveo.UpcomingEventsCarousel.Title

TwoBirdsSite.Coveo.LatestNewsAndDeals.Title

TwoBirdsSite.Coveo.TwoBirdsTv.Title